【節約】金持ちミニマリストになるには?その方法を紹介!

節約



皆さんこんにちは!

ゆきかぜです

今回は『ミニマリズム』について取り上げていきます

話に入る前に、

ミニマリズムって何?

という方のために簡単に説明すると

自分に不要なものを極限までなくし、自分が必要なものだけを残すこと

を指し、

これを実践している人を

ミニマリスト』と言います

ミニマリストは

自分に必要じゃないと思ったものを片っ端から無くしていき、

「部屋にあるのは寝るための布団とスマホだけ」

なんて方もいらっしゃいます

ただ、これだけを見ると

ミニマリストって貧乏なだけじゃないの?

と思うかもしれませんが

それは大きな間違いです

実は、貧乏などころか

多くのお金持ちが実践していることなのです!

この記事では、

・ミニマリストが貧乏人になりにくい理由
・ミニマリズムでお金持ちになれる方法

これらを解説していきます

ミニマリストに興味がある方・これから実践してみたい方は必見です

ではいきましょう!



スポンサーリンク

ミニマリストが貧乏人になりにくい理由



話の前提になりますが、

ミニマリストは「ほとんどの人」が貧乏人ではありません

意味を含んだ言い方になりましたが

これは逆に言えば、

間違った行動をすると『貧乏な』ミニマリストになるということです

冒頭に紹介した通り、

ミニマリストの定義

自分に不要なものを極限までなくして自分が必要なものだけを残すことです

もっと簡単に言うと、

一番大切なものを最優先にする

というシンプルな考え方を指します

これがいわゆる「ミニマリズム」なのですが、

残念ながら正しく把握されている方は少ないのが現実です

その結果、

間違ったやり方の貧乏ミニマリストが増えてしまっているということですね

この理由としては、

世間が持つミニマリストへの偏見が原因と言えます

よくメディアがミニマリストを取材した際に

何もない部屋 》が紹介されて

先述のような【ミニマリスト=貧乏人】と誤解する人がいますが

これこそが大きな勘違いです

寧ろミニマリストの定義に則ると、

普通の人よりも

  • 余計な出費が減る (不要なものを買う機会)
  • 余計な時間が減る (不要なものに使う時間)
  • 余計なストレスが減る (不要なものが多いことによる)
  • 余計なエネルギーが減る (不要なものに使う力)
  • 余計な人間関係が減る (不要なものを勧めてくる人)

こういったアドバンテージを得ることができます

アドが取れるということは、

普通の人よりも貧乏になる負担…つまり、

貧乏の原因 が少なくなり身軽になれるはずです

自動車も荷物を積んで走るより、

何も積まずに走る方が身軽で燃費が良いですよね?

余計なものを背負わず、不要なものに囚われにくい

これが『ミニマリストが貧乏人になりにくい理由』です

さらに、

ミニマリストの定義を突き詰めていけば

金持ちミニマリストになれる可能性があります

では、

どのようにすれば金持ちミニマリストになれるのでしょうか?

具体的に《3つの視点》から解説していきます!



仕事とミニマリズム



人間が生きていく上で必要な『仕事』ですが、

仕事をすることも少なくしよう!

と考えているミニマリストは

残念ながら貧乏ミニマリストの傾向があります

その大きな理由としては、

人的資本“に関係があります

人的資本 = 労働者が身につけた知識・技能・能力などによる稼ぐ力

ですが、

サラリーマンの将来年収が約2.5億円といわれているように

人が働くことで得られるお金は、

最低《人間”1人”が生活できるだけの大きな資産》です

これを少なくするということは、

自分から貧乏になりに行っているのと同じことなのです

では仕事を少なくして身軽になることはできないのか…

と思うかもしれませんがそうでもありません

仕事という本質ではなく、

仕事をする上での不要を省くことはできます

例えば、

  • 不要な会議
  • 不要な残業
  • 不要な通勤時間
  • 不要な電話応対
  • 不要な飲み会

このように仕事の中で不要な行動を減らしていけば、

効率良く仕事をすることができて

新たな仕事に時間を使うことができます

まずは自分の仕事の中の不要を見つけてみましょう!



お金とミニマリズム



お金を「不要」と捉える人は少ないと思いますが、

ミニマリストについて誤解している人の中には

お金を持っているから余計なことを考えてしまう

お金は生活できるだけの最小な分だけで良い

こう考える人もいます

当然ですが、これはダメな考え方です

お金は人生の選択肢を増やしてくれる「道具」であり、

言わば『自由な人生を作るための土台』です

それを要らないと言っていては、

当然お金持ちになることはできませんし、

ミニマリストで人生を良い方向に持っていくことも難しいです

当たり前ですよね…

先程、仕事の件でもお伝えしましたが

物事の本質を最小化してしまっては

それはミニマリストではなく「ただの貧乏人」です

何もかも捨てるということではなく、自分が一番だと思うことを最優先する

このミニマリストの定義を見失なっては本末転倒です

お金という「本質」を減らすのではなく、

不要な出費を減らして「使う」お金を少なくする

こういったお金を使う内容を最小化することが大切です

具体的には毎月の固定費の削減がオススメできます



人間とミニマリズム



ミニマリストの中には

自分だけ得すれば良い』と考えている人もいれば、

他人や社会のために自分にできる事をする』という人もいます

それぞれの考え方は自由なのでどちらが正しいとは言えませんが、

ひとつ言えることは、

後者の方が金持ちミニマリストになれる確率が高いということです

ミニマリストとして活動を続けていると

時間やお金以外にも”自分が他人に使える力“が増えていきます

例を挙げれば、

  • 時間ができて始めた副業
  • お金ができて始めた投資

こういった知識経験のことですね

これを他人の為に使えるか、自分だけで満足するかどうかで

金持ちミニマリストになれるかが分かれます

例えば、私事になりますが

  • 仕事で不要な行動をなくす(残業・管轄外の仕事・不要な飲み会)
  • お金で不要な出費をなくす(必要でないものを買わない・固定費を見直す)

こういった生活を2年程続けることで

時間とお金に余裕ができて様々なことに挑戦した結果

この【ゆきかぜブログ】を設立することができました

このブログでこれまでの自分の行動・得た知識を配信していき、

共感してくれる人が見てくれることで

毎月それなりの「収益」を頂いています

このように、

ミニマリストとして生きていく上で得られる

自分が他人に使える力“を存分に発揮することで

少なからずお金を生んでくれるのです

金持ちミニマリストを目指すのであれば、

行動だけでなく考え方も変えていきましょう!



まとめ



いかがだったでしょうか?

今回は『金持ちミニマリストになる方法』を解説してきました

おさらいしておきましょう!

  • ミニマリズムの本質は、“自分に不要なものを極限までなくして自分が必要なものだけを残すこと
  • これを実践している人を”ミニマリスト“という
  • ミニマリストは不要なモノに時間もお金もかけないため、貧乏になりにくい
  • ただし、ミニマリストの定義から逆行すると「ただの貧乏人」になる可能性がある
  • 仕事は仕事自体ではなく、仕事をする上での行動を最小化する
  • お金はお金自体ではなく、お金を使う上での内容を最小化する
  • ミニマリストを続けていると上記以外に”自分が他人に使える力“が付く
  • これを他人の為に使えるかどうかで、金持ちミニマリストになれるか分かれる

結論、

ミニマリズムについてきちんと理解すれば、誰でも金持ちミニマリストになれる

こんな感じですね!

この記事を読まれてミニマリストになろうか迷っている人は

とりあえず試しに1ヵ月始めてみて下さい

こうした方がいい

こうできれば良くなるのに

と思っている方、

頭で考えているだけでは『現状維持』のままですよ?

少しでも行動して、自由な人生を目指しましょう!

ここまで参考になれば嬉しいです

では、また次の記事で~



節約
スポンサーリンク
シェアする
ゆきかぜのまったりBlog