【節約】乗っている人必見!自動車保険を安くする方法~固定費見直し~【後編】

保険

皆さんこんにちは

ゆきかぜです!

今回は、

前回の自動車保険見直しの『後編』

という事で、

おススメの保険会社を紹介したいと思います

それではどうぞ!

スポンサーリンク

保険会社の選ぶ基準

前回から読んで頂いている方は話の全容が掴みやすいと思います

で、

結局どこの保険会社が良いの?🤨』

という事ですが、

お伝えしましょう!(笑)

代理店型(対面申し込み)』と『ダイレクト型(ネット申し込み)』の2種類の内、

絞るのにかなり悩みましたが、2020年9月現在で僕がおススメするのは以下の通りです

恐らく皆さんテレビCMで一度は見られたことがあるのではないでしょうか?

僕が選んだ基準としては

  1. 保険料の安さ
  2. 主な対応内容(対人・対物無制限保証など一般的な物は省きます)
  3. 2020年度ネット申し込みランキング (出典:保険市場)

です!

他にも精査する点はありますが今回は、

特に顧客が重視する点

を基準に選んでいますので、温かい目で見て頂きますと幸いです(笑)

では、さっそく各社の特徴を見ていきたいと思います!

三井ダイレクト損保

まずは『保険料を安く、安心を厚く。』でおなじみの三井ダイレクト損保ですね

完全通販型で自動車保険のみ取り扱っています

三井住友海上グループとあいおいニッセイ同和グループが中核の大手損害保険会社です

ちなみにテレビCMは本田翼さんが『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』に乗せて歌っているアレですね

●メリット

保険料→新車割引、ECO割引、証券発行割引、複数台割引など

対応内容→事故案件毎に専任スタッフ、全国ロードサービスなど

申し込みランキング→3位

直近のアンケートで事故対応満足度98.6%の安心実績を持つ保険会社なので、それに比例した顧客の信頼度(ランキング)に繋がっているのも納得ですね😃

また、完全通販型なので諸経費の中抜きがないため合理的な保険料で安く商品を選べます

おまけで特典の紹介ですが、

ネットから新規申し込みで最大10,500円の割引がありますね

チューリッヒネット専用自動車保険

次に『ハロー、チューリッヒ♪』でおなじみのチューリッヒですね

チューリッヒ・インシュアランス・グループが正式名称で、

自動車保険の他に生命保険、傷害保険、家財保険まで幅広く対応している金融グループです

テレビCMは坂ノ上茜さんがダンスしているアレですね😆

『あなた専用自動車保険』が合言葉で、個人用に細かな保険設定が可能です

●メリット

保険料→エコカー割引、自動ブレーキ割引、ゴールド免許割引など

対応内容→スーパーバイク保険、ロードサービス約9500カ所24時間365日対応

申し込みランキング→2位

こちらも直近のアンケートで93%の満足度結果を出しています

「事故受け付けから示談交渉までトータルサポート」を特に強調されていますので、万が一の事故時にも右往左往しなくて任せられるというのは安心ですね😁

インターネット割引きは12,000円もあります👍

また、特別な特典で『新規契約で「えらべるグルメギフト」をプレゼント中!』とのことです

セゾンおとなの自動車保険

こちらはクレジットカードの会社でも有名なセゾンですね

2009年に損保ジャパンの子会社として、主に40代から50代の事故率が低いミドル世代を中心

通販型自動車保険『おとなの自動車保険』を販売しています

ちなみに宣伝は半沢直樹で大和田役の香川照之さんがされています、『半沢ァァァ~!!!』

●メリット

保険料→えらべる保証、走行距離に応じた保険料割引、40代/50代割安など

対応内容→ALSOK事故現場対応、駆け付けロードアシスタンス、示談交渉サービスなど

申し込みランキング1位

割引プランの部分を補足しますと、

基本保証』と『えらべる保証』があり、過去一年間の走行距離から保険料を算出します

主に、年間走行距離が少ない40代から50代の方におススメですね!

おまけの特典紹介ですが、

50日前で600円割引き・30日前で400円割引が早割適用され、ネット申し込み1万円割引もあります

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は『おススメ自動車保険』でした🚗

これから車の保険に加入する方も分かりやすいように作成したので

難しい用語無しのかなりアバウトな内容になってしまいました😅

それでもここまで読んで下さった方、ありがとうございます!

僕が紹介した自動車保険以外にも良い保険会社はたくさんありますので

気になる方はさっそくシミュレーションしてみましょう!

最後にまとめですが、

正直、保険の見直しは面倒です

でも考えてみてください

逆に見直そうと行動した人は自分にとって不要な重り(支払い)を省けるので結果、楽になれます

保険は何といっても最後は自分のために入るものです

他人の意見はあくまで参考として、最後は自分で決めていきましょう😉

ここまで参考になれば嬉しいです!

このブログを見て下さった方の多くが少しでも自由になれるようにこれからも発信していきます!

それではまた次回の記事で🤗

保険節約
スポンサーリンク
シェアする
ゆきかぜのまったりBlog