【投資】お金を失うその前に!「投資」と「投機」の違いを解説

投資



皆さんこんにちは!

ゆきかぜです

今回は『投資と投機の違い』について解説します

初心者が投資を始める際に

まずここを抑えておかないとお金を増やすどころか

お金を失ってしまいます

この記事では

・”投資”と”投機”の違い
・どちらが良いか?
・「投棄」にならないようにするには?

この3点を主軸に解説していきます

これから投資を始めたいという方は必見です

ではいきましょう!



スポンサーリンク

投資と投機の違い



多くの方が

投資と投機ってどう違うの?

と思うかもしれませんが、

全くの別物と言っていいほど違います

投資とは、

将来の成長が期待できる企業に資金を投げることです

ここで言う「成長」とは

企業の成長企業価値の成長の2つを指します

企業が成長することにより

配当金』が得られますし

株主優待』もより良いものを受けることができます

世論から会社の価値が評価されれば、

株価』が上がりその株を売った時の売却益も上がります

ただし、

投資は開始してからすぐにお金は増えません

時間をかけてゆっくり資金を増やしていくのが投資です

それと比べて投機は、

今現在ある機会に資金を投げることです

例を挙げるとすれば『デイトレード』が良いですね

机の上にある複数のモニターと睨めっこして

株価の上がり下がりを狙って取引を行うあれです

株を安く買って高く売るため

短期間で成果を出しやすいですが、

非常にギャンブル性の高いものとなります

つまり、

当たれば100点/外れれば0点(最悪マイナス)であり、

投資に比べてリスクが高いという特徴もあります



運用の仕方や考え方で違いが出る



なら株式じゃなくて投資信託にすれば投機にならないよね?

と考える方がいらっしゃいますが、

それは違います

株式だろうと投資信託だろうと

選んだ商品によって投資と投機に分かれるのではなく、

運用の仕方と考え方で「どんな商品でも」違いが出ます

最初にお話しした株式で見ると

配当金目的で長期的に運用するなら「投資」になりますし、

売却益目当てで短期的に運用すれば

それは「」になります

また、

全財産が100万円のAさん

全財産が1億円のBさん

それぞれ100万円を資産運用した場合

Aさんは性が高くなりこの資金投下が失敗すると

資金の立て直しがかなり難しいです

しかしBさんは

100万円を投下しても資産が9,900万円残るため、

投資性が高いと言えます

ここで気づいた方もいるかもですが

言いきらずに『○○性』という言葉を選んでいるため、

結局のところ

投資と投棄の明確な線引きはありません

あくまでこれらは「運用の仕方」と「考え方」によって変わり、

シーソーのようにそれぞれの方向に傾く

ということを覚えておきましょう



結局どちらが良いのか?



これに関しては、

一概にどちらが良いというものではありません

お金の増やし方は違えど、

投資でも投機でも成功者は存在します

ここで重要なのは、

お金を投下する時の『投資目的による』ということです

投資目的が何か分からないという方は

先に以下の記事を参考にしてみてください

例えば、

とにかく早く成果を出したい!早く資産形成したい!

という投資目的をお持ちの方なら、

FX投資、ビットコイン投資、デイトレードなど

ハイリスクハイリターンな資金投下をしなくてはいけません

これらはその時の価格で価値が変動するため、

投資か投機かで言われると『投機』になります

逆に、

若いうちから老後に備えてじっくり資産運用したい

という投資目的がある方なら、

これから伸びていくであろうものに資金投下するため

どちらかと言えば『投資』になります

ただし僕のおすすめとしては、

できるだけ投資で資金投下を行なった方が良い』ということです

続けてその理由を解説しますね



投機が「投棄」になるリスクがある



100万円を元手に億万長者になりました!

投資で成功して今は海外で暮らしています!

など、

投資よりも投機で資金を大きく増やしている方は

確かに世の中に存在します

短期間で一気に資産を増やせるため、

非常に魅力的ですし聞こえも良いですよね

投資に関するテレビ番組でもどちらかと言えば

この投機で成功した人をピックアップしています

しかし、

皆さんに知っていて欲しいのは

それはあくまで一握りの天才だけ”ということです

記事の初めに「投機はギャンブル性が高い」とお伝えしたとおり

中身は完全な”ゼロサムゲーム“です

100人中1人勝っている人がいれば

残りの99人はお金を溶かしているのです

その中でも一番ダメなのが

投機(もしくは投資)をしているつもりが「投棄」になってしまった

といった、

ハイリスクハイリターンを狙いすぎたが為に

お金を失ってしまうパターンです

これは最悪ですね

お金を増やそうとしているのに、

増やすどころかお金も時間も失っていては

投資や投機をした意味がありません

万が一投下した資金が”借金“だとしたら

目も当てられないですよね…

このように、

リスク許容度を無視した投機は投資になりやすいです

詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみて下さい

ここまでの内容をまとめると

要は、投機は投資よりも「投棄」になるリスクがあるということです

一気にお金を増やせることが魅力的に見えるのは分かります

しかし、

テレビ番組で取材を受けている人は

最後に勝利できた”たった一人“であり、

少なくともそれ以上の人が負けて消えている

ということを把握しておきましょう



まとめ



いかがだったでしょうか?

今回は『投資と投機の違い』について解説してきました

おさらいしておきましょう!

  • 投資と投機は別物
  • 投資は、将来の成長が期待できる企業に資金を投げること
  • 投機は、今現在ある機会に資金を投げること
  • 投資にせよ投機にせよ、運用の仕方考え方どんな商品でも結果が変わる
  • 投資と投棄の明確な線引きはなく、一概にどちらが良いというものではない
  • ただし「投機」においてはその性質上、「投棄」になるリスクが高い

結論、

投資と投機の違いを把握し、投資目的を明確化して「自分が何のために投資をするか」を考える

こんな感じですね!

記事の終盤は

投資よりも投機についての話が多めになってしまいました

ただ、

それだけ投機には大きなリスクがあるということです

投機に走らずとも、

資金と時間さえあれば同じような結果を目指すこともできます

僕もそうですが、

投資のプロでない方は投機には手を出さず

どうすれば投資に回せる資金を増やせるか?

を考えましょう

副業するもよし、節約するもよし、本業で昇給を目指すもよし…

行動すればその方法はいくらでもあります

少しでも行動して、自由な人生を目指しましょう!

ここまで参考になれば嬉しいです

では、また次の記事で~



投資
スポンサーリンク
シェアする
ゆきかぜのまったりBlog